So-net無料ブログ作成
いざ 出産っ!! ブログトップ

陣痛日記  ~いざ 出産!!編~ [いざ 出産っ!!]


6/2(火)
 am10:00頃~

   分娩室入り
     分娩台にあがるのも一苦労・・・。

     おばあちゃんに 他 助産婦さん二人に赤ちゃん係。
     急にスタッフが増えて 少し 緊迫感。
     
     

     院長    「とにかくね Pashamakiちゃんが一番 心配なの。
                             しっかり 根性 持って!!」
     私      「・・・・・・・・・・・・・・・」
                 ”どんだけ ’ヘタレ’のレッテル貼られてるねん?”

     私      「きた・・・ きました・・・・」 (陣痛の波のこと)
     院長    「確認するよ」
     私      「痛いのに・・・」
     院長    「痛いときに確認したほうがいいのっ!!」

     私      「んんん~ んんん~ んんん~」 
     院長    「のけぞったらダメ!! アゴをひいてっ!!」

     院長    「もうちょっとね」

     院長    「じゃあ 僕は外来の診察に行ってくるわ」

                  ”えぇぇ~っ!! 先生 どこ行くん~?”



 am10:20~
   
     私      「フー    んんん~ んんん~ んんん~」 
   おばあちゃん  「あら・・・ あなた 上手ねぇ いきむの上手よぉ」 
     私      「きたっ!! フー    んんん~ んんん~ んんん~」
   おばあちゃん  「上手 上手 この調子だと すぐね」

                 ”こんなんで いいんなら 私 頑張れるっ!!”
                      (褒められると調子に乗るタイプなのだ)


 am10:30~
   
   おばあちゃん  「そろそろ 先生 呼ばなきゃね」
    
                  ”ほんま 先生 間に合うの~?”

     私      「フー    んんん~ んんん~ んんん~」 
   おばあちゃん  「先生 まだかしら?」

                   ”・・・・・・・・・・・・・・”



 am10:45頃

    院長      「Pashamakiちゃん もぉ 頭見えてるからね
     私      「フー んんん~ んんん~ んんん~」
    院長      「いきむ前に 深呼吸 必ずするっ!!
                赤ちゃんに酸素がいかないよっ!!」

             
 am10:50過ぎ

     私      「フーフーフー    んんん~ んんん~ んんん~」

                 ”あっ・・・・
                   なんか きっと 頭 (子宮口に)ひっかかってる

    院長      「Pashamakiちゃん 
              今から 麻酔を打つよ。 ここを切るからね。」
    
                パチン パチン  (鋏の音)   会陰切開である。

     私       「先生・・・ くる・・・ きた・・・」

                 ”先生 早く 鋏 どけて!!
                  ポンの頭に 鋏 ささったら どぉするんよぉ~”

     私      「フーフーフー    んんん~ んんん~ んんん~」



 am10:54
                   
                    じゅるん・・・・


             
                    ”出た・・・

     
     拍手と”おめでとう”の言葉・・・・





               「エッ エッ ・・・ィエ~ン  」


                        か細い産声・・・・                





       私    「あ・・・ ありがとうございます」





                       ぐったり・・・・




その後 すぐに へその緒を引っ張って切ったり 胎盤を取り出したり
両足の間から 見てしまった。
見なきゃよかった。
痛かった。

で 局部の縫合・・・
もちろん 麻酔無し。

「痛い いたぁ~い」
「動かないのっ!! これをきちんとやっとかないと 後で困るのっ!!」
「先生 足 震えてきたよ」
「運動不足!!」
「・・・・・・・・・」
  ”いえ あまりの痛さに震えてきてるんやけど・・・”


私 産んだら 感動して 泣くかな?って 思ってたけど
近くで 光を当てられてるポンを見ながら
あれが 私のポンか・・・・

しばらくしてから
「はい お母さんのオッパイあげてください」

はじめて 抱かせてもらい 
まだ 母乳は出ないけど かたちだけオッパイをあげるしぐさをした。

すぐに 連れていかれてしまった。

ポンの体温や小さくてやわらかい感触に
”命”を感じて 涙が出た。

   ポン・・・ 一生懸命生きてる・・・ ”自分の子”を産んだんやなぁ・・・





pon090619.JPG


☆産まれてすぐのポン☆







 pm1:30  

  子宮の調子が悪く 点滴を外せなかったので
  また 陣痛室に・・・。

  うはは
  やっと 食事にありつけた♪



SN3D0101.jpg












これだけの設備と人の援助がなければ
私は 子供を産むという 当たり前のことが出来なかったと思う。
お腹から出てきそうにも無かったし
陣痛も子宮を開くのも薬の力を借りた。
今 この時代の日本だったから 産めたのかな・・・
って考えると 
心の底から ありがたいことだなぁと感じてしまう。



タグ:高齢出産
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

陣痛日記  ~陣痛促進剤編~ [いざ 出産っ!!]

6/2(火)
 am8:00~


         また一人妊婦さん 分娩室へ 
         なんとなく 順番抜かしされた気分・・・。
               ”いいなぁ~ スムーズで・・・”
         後で聞いた話 陣痛 たったの4時間だったらしい・・・。

  
  助産婦さん交代
  次は おばあちゃん助産婦さん

      おばあちゃんの助産婦さんと言えば”ベテラン”って期待してしまう。
      でも なかなかの”天然ボケ”ぶりを見せてくれた。



     院長 「Pashamakiちゃん どう?」 
     私   「・・・・・・・・(首を振る)」  
            喋る元気が無い。
     私   「・・・・愛想悪くてすみません・・・」
     院長  「愛想なんていらないのっ!! 根性さえあればいいのっ!!」

     院長  「Pashamakiちゃんの場合 帝王切開になるかもしれないから」
     私   「・・・・・・・・!!」  
              ”えぇ~っ この後に及んで 帝王切開だとぉ?”

     院長  「今から 陣痛促進剤を打つからね」




  陣痛促進剤を投与
   
     おばあちゃん助産婦さんが点滴の準備をしてくれた。
     ふと気付くと 血がチューブを逆流!!
     ナースコール。

     おばあちゃん 「はいはい♪ どぉしたの? 
               (血を見て) わっ!! こんなとき 呼ばなきゃダメじゃないの!!」
         
       私     「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
                 ”いや だから 今 ナースコールしたんやけど・・・”


     おばあちゃん 「あら? あらあら? どぉしてかしらね?
               どぉして 逆流してるのかしらね?」
               
       院長    「腕を曲げたらダメッ!! 
               腕を曲げるから 逆流するの!!
               伸ばさないとダメでしょ!!」

       私      「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
                  ”なんで また 私 怒られてんねん?
                        そんな指示受けてないし・・・・”    
         


 am9:00~
   
  ピピピ ピピピ ピピピ

     おばあちゃん 「あら? 何の音かしら?」
       医者    「(分娩監視装置の)紙詰まりかも?」
       院長    「どぉしたの?」
     おばあちゃん 「機械の調子がおかしくくなってね・・・・」

         ”はっ!! もしや・・・・?”
   
       私     「すいません・・・ 携帯のアラームです・・・・」
       院長    「そんなもの!! 電源切ってなさいっ!!」
       私     「もぉ一個あるんで そっちも切ります・・・」
       院長    「なんで 2個も持ってるの!?」
       私     「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
     おばあちゃん 「い・・・ いろいろあるのね・・・」

         ”携帯2個所持してる理由をいちいち説明する力なんて残ってない・・・”
           
     
  子宮口を開く注射を肩に3回

    おばあちゃん 「まだ いきんだらダメよ・・・
               子宮が分厚くなると 赤ちゃん 苦しくなるからね」

         ”えぇぇ~っ!?
          一人で陣痛に耐えてたとき 思いっきり いきんでたよぉ~” 


      院長    「帝王切開は出来ないよ!! 
              午後から 一人予定が入ってるから
              ダブルブッキングになるから ムリムリ!!
              がんばってね Pashamakiちゃん・・・」

                 ”えぇぇぇ~っ!? そんなん 理由になるんっ!?
                     さっき 帝王切開かも?って言ってたやんっ!!”

   
       私    「まだ いきんだらダメですか?」
    おばあちゃん 「(確認しながら)そろそろ 全開かしらね・・・
              先生に確認してもらうわね・・・ あら 先生 いないわね」 

                 ”えぇぇぇ~っ!!”
      
    おばあちゃん 「いきみたい?」
       私    「・・・・・・・・・(うなづく)」
    おばあちゃん 「いきんでもいいわよ。」
       私    「いえ もぉちょっと がんばります」





 am10:00頃~                 


  我慢出来ずにいきんでしまった。

       私    「いきんでしまいました・・・。
                 いきんだほうがラクですね。」
    おばあちゃん 「そぉ? いきんだほうがラク?」

    おばあちゃん 「分娩室行く・・・?
              そうね 今 歩けるうちに 行った方がいいわね」
       私    「・・・・・・・・・」

          

  おばあちゃんの肩を借りて 分娩室へ



                    
  ほ・・ ほんまに産むんや・・・。       
                 


つづく・・・




 





確かに・・・
みんなにとっては 
毎日 何回も見ている光景だし
慣れっこになってるに違いない。

でも 初めての私は
スタッフのみんなの会話が
”適当”な会話に聞こえてしかたがなかった・・・。 

まっ それだけ 安産やったんやろうけど・・・。

      
タグ:高齢出産
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

陣痛日記  ~分娩誘発後編~ [いざ 出産っ!!]

6/1(火)
 am2:00頃~6:00

      まったくもって 産まれる兆し無し
                   
         昨日の左隣の妊婦さんぢゃないが
         陣痛を耐えるって なかなか 大変・・・。
         声も出るし のけぞったり 気を失いそうになったり・・・。
         そりゃもぉ ぶっさいくな姿を見せまくってしまう。
         Danna-San 傍で見てるしかできないのも辛いだろうな。



      Danna-San 待合室で仮眠。

         陣痛室 私 一人になったので声も出しやすい。
         声を出したら 助産婦さんが来てくれた。
         助産婦さんが手を握って ”ヒーヒーフー”を促してくれる。
         既に 唇はカピカピ・・・。
       
         この助産婦さん・・・
         昼間の助産婦さんの妹さんなのだそう・・。
         昼間の助産婦さんから 私の”ヘタレぶり”を聞かされ
         心配してくれていた。
         一生懸命 私の心のケアをしてくれた。
       

         ”ヘタレぶり”とは・・・
         「何もわからないので みんなにお任せしようと・・・」
         って言うと
         「産むのは Pashamakiさんですよ!! 
              他人が産むんじゃないんですよ!!」
         って 怒られてしまった。

            ”いや・・・ 
             先生や助産婦さんの指示に従いますって意味やってんけど・・・・”
       
         それ以来 何かと気にかけてくれていた。


         そんなことを聞かされたのか
         夜間の助産婦さん 手を握って 一緒に ”ヒーヒーフー”を言ってくれた。




           「もぉ 耐えるのが辛いです・・・。 
                 心がくじけてしまいそうです・・・。」 (←やっぱり ヘタレである)
         
       
         陣痛によって どんどん痛みに耐えれる体に 脳が反応していくのだそう。
         いきなり出産時の痛みを体感すると 人間は耐えられない。
         陣痛はその為の準備をしているとのこと。
         そんな話をしながら 励ましてくれた。


       陣痛間隔 12分~15分

            ”れっ? また 間隔 開いてるやんっ!!
             こんなに我慢して効き目きれたん?
             もぉ 我慢するんイヤやっ!!
             帝王切開をお願いしようか・・・。
             いや ポンちゃんは 女の子・・・。
             私自信が 出産の苦しみを体感したらんと・・・!!”

         女の子を持つ母親になるには 
         出産の痛みを知る必要があるって 自分にいい聞かせた。




 am6:00頃~
   
      またも破水
      子宮口8cm



            ”多分・・・ 9:00過ぎて スタッフ揃わんと
             産ませてくれへんねんやろなぁ・・・
             私 ”高齢”やのに・・・・
             そんな 他の妊婦さんみたいに体力無いのに・・・”










      
 




”こてつ”よ・・・
たしか 君は 51時間も
陣痛に耐えたと言っていたね・・・・
陣痛を知った今となっては
”こてつ”・・・ 
君が 超人に思えてきたよ・・・・。



タグ:高齢出産
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

陣痛日記  ~分娩誘発前編~ [いざ 出産っ!!]

6/1(月)
 am10:00頃~  
    
    誘発剤(1回目)を飲む。
        この誘発剤は 5回飲んだ。

 am11:00頃~

    薬が効いてるのか 定期的に痛みが・・・。

 am12:00頃~

          左隣のベッドの妊婦さんのうめき声が・・・・。
          かなり 辛そう・・・。
          最初は 

           ”こんなにも痛くならないと産まれへんのぉ~っ!?”

          って 思っていたけど
          1時間も悲鳴のような呻き声を聞かされると

           ”うるさいなぁっ!! あたしも我慢してんねんっ!!”

          って 思ってしまった。
    

          分娩室からは 
          他の妊婦さんのいきみ声 と 先生・助産婦さんの声援
          そして 最後に 産声と共に おめでとうの拍手・・・。


 

 pm1:00頃~6:00

    なんか 出てきた・・・。  破水かな? 
    ナースコール。

    出血したのだそう

    「このまま 入院してもらいます。 ご主人に連絡しますね。」


         左隣の妊婦さん 分娩室へ。
         それは それは 悲痛な声が・・・。
             ”こ・・・ こわい・・・  痛がりやのに・・・ 私 ムリちゃうん?”
    
         しばらくして 産声・・・。
         素直に 
             ”ほんと 良かったね おめでとう♪”
         って 思った。

         そして 右隣の妊婦さんも 分娩室に。

         「次 帝王切開の予定が入ってるからね」

         この病院 一体 何人 産まれるねんっ!?

         赤ちゃんの産声を5回聞き 
              ”今日は 私が最後かぁ・・・・”
         ヒィヒィ痛みと闘いながら 5回も感動させてもらえた♪
         
         


   間隔は10分ほど・・・
   それでも 何時間か耐えているうちに
   次に いつ痛くなるかわかってくるのだが
   それが 逆にストレスになってきて
   逃げ出したくなる。
   ”ヒーヒーフー”も 何回もやっているうちに
   唇がカピカピに乾いて痛くなってくるし・・・。




 pm6:30~

   また 何か出てきた。
   今度は 破水だったらしい。

   Danna-San到着。

   破水と出血があり 子宮口4cm。

   「今日中に産まれそうですよ♪」
        
        ”えぇ~っ!?
         ってことは 今日中ぢゃない可能性もあるってこと!? ”
                                 




 pm9:00~
   そぉ 結局 今日中ぢゃなかったのである・・・。

   Danna-San 傍にいてくれて 
   痛すぎて 結構 みっともないとこ見せまくってしまった へへっ。

   10:00 11:00 ・・・と 
       ”そろそろ?”
   って 思っていたのだが 
       ”今日中ちゃうやんっ!?”
   って 腹が立ってきた。


6/2(火)
 am1:00~
 
   陣痛間隔 5分~7分
       ”気ぃついたら 日 変わってるやん・・・ もぉ・・・”





   

      





   



前日も前駆陣痛のため寝不足。
もともと そんな体力あるタイプの人間ぢゃないのに・・・。
意識も朦朧としてきているのに
陣痛が眠らせてくれない。

むちゃな取調べをされたら
やってもないのに 
「あっしがやりました」って言ってしまうタイプかもしれないな・・・なんて 
陣痛室でしょうもないことを考えたりもした。


         
タグ:高齢出産
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

陣痛日記  ~前駆陣痛編~ [いざ 出産っ!!]

5/31(日)
 pm10:00~12:00 

        お腹 痛い・・・。
        ウンチ  ウンチ。

        ・・・?
        出ない・・・。





        いて・・・
        やっぱ ウンチやん・・・。

        ・・・・?
        くそっ!!




        いたた・・・
        今度こそ出ろよっ!!





6/1(月)
 am1:00頃~6:00

        いったぁ~。
        ・・・・・・・
        はっ!!   
        これ 陣痛ちゃうん!?

        どうせ 起きたら病院やし・・・ 
        とりあえず 寝よっ!!


  

     時々 痛くて 目覚める。
    



   
 am9:30  @診察室
     診察室に入った瞬間 痛みが・・・
        「先生・・ おなか いったぁ~い!!」
     

         
        「全然 子宮開いてない・・・ まだまだっ!!
         じゃぁ 陣痛室に行って 誘発剤 飲んでもらうから」






 am10:00頃~  @陣痛室






     まさか 24時間も この陣痛とむきあうことになるとは・・・!!





     しかし まだ 痛みは序の口・・・・。
     こんな生易しいとは思っていなかったけど・・・。  


                 


    




にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村       





まだ 前駆陣痛が始まったばかり・・・。
もともと この日 分娩誘発の予定になっていたので
前駆陣痛の段階で
入院の準備をして 一人でタクシーを呼んで 病院入り出来たけど
いわゆる陣痛の間隔10~15分になってからなんて
一人で行けたかどうか・・・・。





タグ:高齢出産
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
いざ 出産っ!! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。